二十才代と三十才代との不一致を乗り越えたとき

我々は一年ごとに年を食ってゆくのですが、この世に産まれてから、四半世紀以上過ぎてきたのですから、一分一秒棒に振ることしてはいけませんよね。十歳代から二十歳代は最高にハッピーで独り立ちした人へ変化し発展した自分を心待ちにしていたのではないでしょうか。パートナーと二十代で恋に対しての考え方についてあれこれと考えを巡らしてたあなた自身はこれより三十代へ進もうとするのです。二十才台と三十才台の彼との関係の意味が食い違ってしまうのですが余裕がある男女関係に関する考え方を有していることも素敵なことですよ。自分が若ければ知り合いの方々が結婚したとしてもそんなに焦ることはないのです。しかし、三十代に達するといきなり心配や苛立ちで婚約という憧れを獲りたくなることでしょう。重要な事は相手とのいく先なのでゆっくりとお互いの愛情を発展させ華々しい30代の日々を過ごす事が一番大切なのです。

二十才代と三十才代との隔たりを受け入れる事ができたら

我々は歳歳年をとってしまうとは言え、この世に誕生し四半世紀以上経過すると思ったら一瞬たりとも駄目にしてはいけないでしよう。十才代から二十才代は非常に愉快で一本立ちした人への変身や成長を待ち望んだと思います。涙が溢れるほど厳しい事などありました。しかしながら快適できらびやかで文句のない二十代になった!と実感できないと未来に向かって目指せないから後悔や執着心は二十歳代最後の日を迎えるまでに捨て去るのです。二十歳台に礼を言って、きちっとさよならを告げて貴方の新規の一ページを開く用意なのです。20代のころは友達が入籍したとしても特には焦ることはないものです。だけど、30才を過ぎると突如苛立ちや心がかりで婚約という目的としているものを得たいと考え始めますよね。肝要なのは彼との今後ですのでゆっくり愛情を育てて素晴らしい30代の日々を送るという事が最も肝心です。

20才代と30才代のギャップを乗り越えたら

人は一年ごとに年令を食ってゆきますが、生を受けてからすでに四半世紀以上経過したわけですから、一瞬一瞬を大切にしなければなりません。若い時は代と20代はたいそう幸せで独り立ちした人間へ変化し進化した自分を待ち望んでいたに違いないでしょう。涙が頬を伝って困難なことなんかもありました。けれど、面白く花花しくて不服のない20歳代でした!っていう感じがないとこの後に行けないので未練や後悔の念は20歳台最後の日までに捨て去りましょう。20才台に感謝の意を示して、きちっと別れを伝えて自身の新規のページを開く心構えなのです。苛立つ思いがあるかもしれないですね。しかしこれはハッピーな苛立ちなんだと30才台を迎えた頃に覚る事だと想うのです。変化するのは彼との関係についての考え方だけではなくて貴方の身体や精神も変化が生じます。ですがただちに十年も年取るわけではないのです。だから心配いりません。

二十代と三十代との異なりを克服した向こう側

もうすぐ20才台とお別れすると言う圧迫感はどんな人にもやって来るのです。軽い気持ちで思っていた三十歳という障害物が油断をする間にやって来て、婚儀という2文字が意識し始めて、すごい精神的な重圧となるのです20代と30代の彼との関係についての考え方の転換は熱心な恋人関係の程になるのかもと考えます。二十代の時は好きであるというだけで片時も離れず過ごすことができたら大満足と言う想いですが、三十代へ移るにつれ、結婚の言葉も意識してくると思われます。ただ楽しいというだけのボーイフレンドとの関係から真面目な恋愛関係への転換です。気分が良いというだけではやってられないという事は聊か女としては甲斐のないことなのかなと思います。でも、それこそが熟達するというものなので今から先は困難なチョイスもする時が訪れるかもしれないです。恋愛哲学もそれまでと変容し今からはじぶんのやった事がこれよりの恋愛哲学となっていくと思います。

20才台と30才台のずれを乗り越えたら

人は年年歳をとるとは言え、産まれてからまもなく30年位も経つと思うと一瞬も台無しにしてはならないでしょう。十歳台から二十歳台はすごく仕合せで一本立ちした人へ変貌し成長した自分を期待感を抱いているのではないでしょうか。パートナーと二十代で恋愛の考え方についていろいろと熟思してた自分もこれより30代になるのです。二十才台と三十才台では男女の関係の意が変わってきます。だけど、ゆったりした男女関係に関する考え方を有しているということも素晴らしいことなのだと考えるのです。ただ愉快ばかりでは生きていけないという事はいくぶん人として物足りないかなと思います。だけど、これこそがステップアップというもので今から先はきつい選択もする場がやってくるかもしれないです。恋愛に関するものの考え方も20才代までと変化し今後あなたの見聞が今からの恋愛哲学となるわけです。